被害者
ブラウン
(声優/沢りつお)


<人となり>

 2階、4号室の乗客。

 何者かにより殺害された。

 仕方ないから死体はずっとそのままにしてある。

 金持ちで、このリバーボートの共同経営者でもある。

 双葉社のゲームブックでは、フルネームは 「デイヴィッド・ブラウン」 となっている。


<部屋に入った時>

 ワトソン あれを 見ろ!

 だれか 倒れていますよ

 彼はどうしたんだろう とにかく助けてあげなさい

 先生 これは 大変です

 え?どうした

 血 血が流れています!

 ほ ほんとだ この人は 死んでいるぞ!!

 先生 彼は 殺されたのでしょうか?

 うーん 多分 殺されたのだろうが まず この人が 誰であるか そして ここで 何が起こったのかを

    調べなければ いけないな・・・


<ブラウンにかんするはなし@ 序盤>

ディジー

  

カーター

  

  

テーラー

  

ヘレン

  

  

ネルソン

ウイリアム

ヘンリー

  

  

  

  

「まあ なんておそろしい 私は一度もブラウンさんにお会いできなかったわ

 こんなに恐ろしいことが起こるなんて」

「殺害された!? 彼が!? まあ私も判事として協力しなければなりませんな

 確か彼はサザン一家の 出身だったな 2.3年前にちょっとした事件で彼を助けてやったことがあったよ

 くだらない事件だったがね」

「なんて 恐ろしいことが おこったのでしょう! ブラウンさんとは あまり お会いしたことがないので

 よく しりませんが 立派な人だと きいています」

「殺されましたの? あの勇ましい人が あんなに ハンサムだったのに なぜ あのような 紳士が・・・

 アメリカじゅうで一番 立派な馬をお育てになったし 一番素晴らしいコットンも 栽培されましたし

 それに あんなにも お金持ちで いらしたのに・・・」

「な なんですって ブ ブラウンが・・・ なんてことだ 彼は このボートの 共同経営者なのに・・・」

「ああ それは ひどい でも ブラウンは けちでしたな 寄付の話など聴こうともしなかった」

「信じられないよ そんなこと・・・ でも こうなったら いろいろと 話しとくよ

 今朝 彼の船室がちょっとさわがしかったんだ でもあいつはいつも酔っ払っているし あまり 気に

 しなかったんだ・・・ それと どうせ あなたには ばれるだろうから いってしまうが

 じつは あいつは オレの父親 なんだ・・・

 まあ 親子らしいところなんて 何一つなかったけどね でも おれは やってないよ!」

 

<序盤の概要>

@大金持ち

A以前、判事カーターと接触があった

Bこのボートの共同経営者

Cヘンリーの父親だが 父親らしいところ なし


<ブラウンにかんするはなしA 中盤>

ディジー

カーター

  

テーラー

  

ヘレン

ネルソン

  

ウイリアム

ヘンリー

  

「立派な人だと聞いてましたワ でもどうして殺されちゃったんでしょ」

「ブラウンが起こした事件のことを思い出したんだが たしか 鉱山の事についてだったぞ

 そうだ あれは銀山がどうのこうのという話だった」

「確か 数年前 ネバダ州のはずれでブラウンにあったことがありましたわ でも私はまだ幼かったので

 ほとんど覚えていませんの・・・」

「ブラウンさんは大変立派な人でした でも もう 死んでしまったのよ・・・ 殺されたのよ・・・」

「死んでしまった人のことを話すべきではないのですが・・・ 彼はあの貧しい女テーラーを狙っていたのだと

 思うのです 私は彼がテーラーについて話していたのを聴いてしまったのです」

「可哀想にねえ 私は施設に寄付してもらおうと 彼にお願いするつもりだったのに なんて ことだ」

「やつの船室には確かに争った跡があったよ もし 彼女に手をかけたのなら 俺自身の手で 彼を

 殺してやったさ」

 

<中盤の概要>

@以前 銀山にかかわる事件を起こした

A数年前テーラーと会ったことがある

Bテーラーをねらっていたらしい


終盤は中盤と同じ。

メインにもどる