慈善家
ウイリアム
(声優/青野 武)


<人となり>

 1階 15号室の乗客。

 ボランティアをすすめる慈善家のわりには、鳥を銃で撃ったりしている。

 双葉社のゲームブックでは、フルネームは 「ウイリアム・グレイル」 となっている。


<部屋に入った時>

1「私はウイリアムという者です ボランティアを して 世の中を 平和に しようと してます」

2「チャールズさん アウター・アンティルに 寄付されませんか 小切手でも結構ですしお願いしますよ

3「チャールズさん! あなたは 未亡人や孤児を可哀想だとは思わないのですか」


<ウイリアムにかんするはなし@ 序盤>

ディジー

カーター

  

  

テーラー

  

ヘレン

  

ネルソン

  

  

ウイリアム

  

ヘンリー

  

  

  

「彼には 一度も会ったことないとおもうワ」

「ウイリアムさんは 見かけどうりの人ではないですな 外見はまさしく純粋なボランティアのようだが

 正当な寄付をする時など 彼はすごくケチになるんじゃないかな

 しかし 彼が アウター・アンティルの施設に進んで寄付されていることは知っていますよ」

「本当にやさしい人ですわ 彼はきっとハエも殺せないんじゃないかしら

 でも毎朝 船室の前で 鳥を撃っていらっしゃるわね」

「あの方は表面上は立派なように見えるけど実は バカね

 私がいつも 社交界に出て行くべきだっていうのに 自分じゃ何も出来ないの 鈍いのよ 彼は」

「ウイリアムさんは純粋なボランティアだし それに 人の道をそれたりしない方ですよ

 しかし 彼はよく射撃をしていますね そこの自分の船室の前で 鳥を撃っていますよ

 きっと スポーツマンなんでしょう」

「静かにくらし 神との対話を つづけることこそ 良いことだと信じています そしてそれは

 私のつとめだと思っています」

「ここだけの話だけど 彼はちょっと恐ろしい秘密を持っているみたいなんだ いつも少し哀しげで

 元気がないみたいだろ それに彼は絶対にこりともしないね あんたも気がついているだろ

 たぶんこれがいつも 射撃をしている理由なんだろうね 毎朝バン・バン・バンって鳥を撃っているよ

 あれは普通じゃないね」

 

<序盤の概要>

@なにか秘密がある・・・?

A銃。


<ウイリアムにかんするはなしA 中盤>

ディジー

  

カーター

  

  

テーラー

ヘレン

  

  

ネルソン

ウイリアム

  

  

ヘンリー

「みんながいってるわョ 彼は自分のピストルで射撃の練習をしてたから あの事件と関係があるんじゃ

 ないかって」

「実はウイリアムの仕事を1,2かいしたことがあるんですよ ひどくねぎられましたがね

 そのときにわかったのですが 彼は若いころに何回か犯罪を犯していましてね・・・ いや しかし

 今は立派なスポーツマンですよ」

「さー よく わからないけど 博愛主義者の割に 射撃をして 鳥を殺していますわね」

「あの方は表面上は立派なように見えるけど実は バカね

 私がいつも 社交界に出て行くべきだっていうのに 自分じゃ何も出来ないの 鈍いのよ 彼は」

 (序盤と一緒)

「彼のピストルを 見たことあるかい? コルト式だ 鳥を撃つものではないな」

「今思うと はずかしいが 若いころ とんでもないことをしてしまったんですよ

 だから今は自分自身を押さえるということで その 埋め合わせをしようとしているのですよ

 ただ 私が 射撃が 好きだからって 疑われるのは おかしいじゃありませんか」

「あの人は オレのことを じっとみるんだけど あんな人に会うの初めてだしなぁ」

 

<中盤の概要>

@過去の犯罪経歴への懺悔が、彼をボランティアにかりたてたのだろうか。

Aだったら鳥をうつなよ。


<ウイリアムにかんするはなしB 終盤>

ディジー

カーター

  

テーラー

ヘレン

ネルソン

ウイリアム

ヘンリー

  

「あの人は 鳥を うつらしいわネ そんなかわいそうなことするなんて そうぞうもできないワ」

「私などは彼と一緒に仕事をしたいとは思いません だが人は彼と仕事をしたがる それは きっと 彼が

 お金をためる方法を よく しっているからでしょうね」

「彼は 本当に 他人のことを 考えて いるのかしら」

「年寄りのバカだわ! でも 女に ごまを するのだけは人一倍すぐれているのよ」

「銃で鳥を撃つなんて 本当に変わったやつだね」

「私は 購いや 罪滅ぼしのために生きているのです それが 私の 人生ですよ」

「ウイリアムのような人は この船にのっていても いつだって 自分を見つめることができるんだ

 変な人だよ」

 

<終盤の概要>

@あまりまじめにとりあってもらってないような気がする。


<ウイリアムを告発すると>

ネルソン

  

ヘンリー

  

「よくそんなことがいえますね 確かに私はバンバン鳥を撃っていますよ

 でも 鳥しか撃たないぞ そうだ ヘレンさんに きいてみてくれ あの時 逢ったから」

「ええ その通りですわ 食事に 行く前に逢って 帰りにも逢いましたわ

 その間 ずっと 撃っていたみたいですわ」

メインにもどる