学 説 そ の 一
ウルフマンに関する新説

バカ
ウルフマンは
宇宙野武士の生き残りである。

いきなりそんなこといわれても困るであろうから(困らない)

その根拠を順にあげていこう。

(1)ゴワゴワ

このサブタイトルでおわかりであろう(わかるか!!)…

スプリングマンによってバラバラにされ、一度は その軽い命を失ったウルフマンが、

バッファローマンの捨て身の行為により復活を遂げたのは

たけし軍団に大阪百万円という芸人が所属していたという事実より有名なことである。

だが、同様に復活したウォーズマン・ロビンマスクと比べてみていただきたい。

2人は死んだとはいえ五体満足である。言ってみればウツワは残っているのである。

超人エネルギーを再注入されれば、

復活しそうな感じがする。するよね。

それにたいしウルフマンはバラバラ状態だ。

そこに超人エネルギーを注入されたからといって、

あんな短期間にゴワゴワ言って細胞分裂していいものだろうか。

待て… 「ゴワゴワ」… 「細胞分裂」…

宇宙野武士!?

そうだ!

ウルフマンはもとから細胞分裂能力をかねそなえた、

宇宙野武士だったのだ! ゲェーッ


お、おら見てはいけねえものを見てしまっただ〜

 

(2)100万年に一人の大器

ウルフマンのデビューはいつだろうか。

ゲーッ宇宙野武士編直後じゃねえか!

ますますあやしいぜ!

しかも初対面のキン肉マンに異様な対抗心を燃やしていやがる!

これこそは 正義超人に仲間を滅ぼされたことへの復讐心…と

考えるのが妥当ではないだろうか!? そうだね! こわいね!

 

(3)正義超人界での暗躍

宇宙野武士残党=ウルフマンの正義超人への復讐はとどまる

ところを知らなかった。

とくに仲間の首を反則技でぶったぎった男

ブロッケンJr.への復讐心は燃えあがる一方だ。

そしてついに彼の復讐作戦は始動した。

そう、

モストデンジャラスコンビ結成である。

ご存知のとおりこのコンビは、完璧超人みならいコンビの

「地獄のねじ回し」でドテッ腹をぶちぬかれ敗北したわけだが、

いくら若くて未熟とはいえ、あの水鳥鉄夫声のブロッケンJr.が

あっさりとねじを食らうとは考え難い。

そうだ。

これもまた、奴の陰謀だったのだ。

ねじ
秘技! ベルリンの壁!(注:手前の人物はブロッケンJr.です。)

こういうことだったのだ。

思えば、ブロッケンJr.・ウルフマン組対モンゴルマン・バッファローマン組という

ピグモン対レッドキング並の無謀な闘いが始まったのも、ウルフマンの

「みろブロッケン やつはきっと目が見えないんだ」

という何の根拠もなく無責任極まりないうえ差別的ですらある台詞

のせいといって過言ではない。

なんという恐るべき陰謀であろう。

このままでは正義超人軍団も内部から崩壊させられてしまうのではないか!

だが天は正義超人を見放さなかった。

宇宙ウルフの復讐作戦はここで一旦ストップとなる。

地獄のねじ回しがブロッケンJr.をアッサリ貫通、

後ろにいたウルフの弱点胸のハートを直撃したのだ!!

(これで、明らかに傷が深そうなブロッケンは助かったのに

 ウルフだけ、しばらくしていきなり死んだわけがわかるね!)

──これで頓挫したかにみえる宇宙野武士ウルフマンの復讐だが、

意外な形でそれは続いていたのだ。

衝撃の次回を待て。

もどるでごわす

スプリングマンから逃げる