学 説 そ の 五
『マッスルタッグマッチ』に
関する新事実

初心者同志の争い
任天堂ファミリーコンピュータ用ソフトにおける

いわゆる「キャラクターもの」第一作こそ、

『キン肉マン マッスルタッグマッチ』(バンダイ)であるといわれる。

本作はその名の通りタッグマッチ・ルール。

そして時折ミート君の投げる「光る玉」を取ると、

強力な必殺技を使用できるというのがゲームの醍醐味だ。

だが、この「光る玉」とは一体なんなのだろうか?

調査の結果おどろくべき結果が、我々の前にもたらされた。

 


<写真1>
コーナーポストに隠れるようにして、ミート君が
謎の人物と接触をしている。

 


<写真2>
ミート君、あふれる知性で謎の超人の心臓を正確にとらえた。

 


<写真3>
ミート君、何事もなかったかのようにリングサイドにもどり、
謎の超人からうばった超人パワーを投げる
(ちなみに謎の超人は30秒後に蘇生)。

 

おわかりいただけたであろうか。

ミートくんの投げる「光る玉」の正体は、

ミートが謎の超人からうばった超人パワーの玉だったのである。

ミキサー大帝をほふったミートなればこその極悪ぶりだが、

この酷さは変態タラコ=スーパーフェニックスに勝るとも劣らないといえるだろう。

なお我々は現在、この謎の超人の正体を

つきとめるべく、調査中である。

もどるでごわす

テリーのブルドッキングヘッドロックから逃げる